すぎても、なすぎても困る

毛とは皮膚の角膜が分化してできた角膜性の付属物です。
本来は皮膚の保護、保温などを目的としたものですが、現在私たちにとって、毛の意義とは大部分が美容的なものとなっています。
毛が濃い、薄い、くせがある…などなど、その個人差は非常に大きく、実に日本人の約7割もの人が自分の毛に対して何らかの悩みを抱えています。
多すぎても、少なすぎても困る毛。
リバティヘアーはあらゆる部分の毛に関するご相談を受け、その最善の解決方法をアドバイスをさせていただく総合ヘアーコンサルタントです。

 

back

Copyright 2001-2002 Liberty hair Inc. All rights reserved.